生え際 後退

生え際後退の症状で使う育毛剤の選び方

育毛剤を選べば症状の改善に繋がる

 

生え際は頭皮の中でも皮脂が分泌されやすく、血流が悪くなりやすいなど薄毛になりやすい条件が揃った場所です。

 

「生え際が後退してきたな」と感じる人は早めに対策を初めて症状を改善させたいものですが、育毛剤の選び方は重要です。

 

育毛剤には血行を促進するタイプ、皮脂分泌を抑制するタイプ、薄毛を起こす性ホルモンの働きを抑制するタイプ、頭皮環境を整えるタイプなど様々です。

 

生え際後退の症状にはどのタイプも有効ですが、自分に合ったものを選ばなければなりません。

 

そしてタイミングについては特別に育毛剤に記載されていない限りはシャンプー後の頭皮が綺麗な状態につけ、その後に血行を促進するマッサージも欠かさずに行いましょう。

 

覚えておきたいのは育毛剤は長期的に使うことで効果が得られることが多いため、体に違和感を感じない限りは少なくとも半年は使うようにしましょう。

迷った時は医者に相談

そのため長期的に使うことを考えてコスト面でも対応可能なものを選ばなければなりません。

 

分からない場合は医師や美容師などの専門家に相談したり、インターネットの口コミも参考になります。

 

そして育毛剤の使用に加えて生活習慣の乱れやタバコ、お酒の飲み過ぎなど髪にとって好ましくない生活習慣も改善しましょう。

生え際の後退が気になる人は適度にお肉も食べましょう。

肉類や揚げ物は抜け毛が促進する

 

肉類や揚げ物を食べ過ぎると頭皮の皮脂が多く分泌され、毛穴が詰まることで栄養が髪まで行き渡らずに抜け毛が促進してしまいます。

 

特に生え際は皮脂が多く分泌されやすい場所だと言われており、後退しやすくなる場所でもあります。

 

しかし実は肉類には髪を作る元であるタンパク質が多く含まれています。

 

更に細かく言えばタンパク質には10万種類程あり、その中で「ケラチン」というタンパク質が髪を作っています。

 

このケラチンは肉類の他にイワシやサバなどの青魚にも含まれていますが、ケラチンが不足すると髪が栄養不足となって細くなったり、抜け毛を起こしてしまいます。

 

ちなみに一日に摂取したいタンパク質の量は体重×1gであり、肉を焼くとタンパク質の量が減ってしまうため、低カロリーで多めのタンパク質が摂取できる

適量をバランス良く食べる

鶏肉をゆでて食べることをおすすめします。

 

肉や魚、卵に含まれているタンパク質は「動物性タンパク質」と呼ばれており、食べることで多くのタンパク質を摂取できますが、摂りすぎると肥満の原因だけでなく内臓の負担にもなります。

 

心配な場合は大豆などに含まれている「植物性タンパク質」を摂取するという方法もありますが、動物性タンパク質よりは効率がよくありません。

 

肉類に限ったことではありませんが、バランスよく適量を食べることが望ましいです。